あたらしいくらし

年明け早々に離婚し、

4月には息子が大学生となり独立

 

4月末に今のマンションに引っ越して

一人暮らしを始めました。

 

一人暮らしをするのは

実は初めてです。

 

この年になって、

いろいろ経験することができ、

 

人生ていろんなことが起こるものだなあ〜、

学ぶことがいろいろあるなあ、

 

としみじみ思います。

 

 

実感するのは

 

「失うかもしれない」

 

とか

 

「失っていく過程」

 

というのが

一番つらいのであって、

 

失ってしまったら

後は始まっていく一方、

増えていく一方、

ということです。

 

在ったもの、

持っていたものは、

本当に自分に合っていたのか、

疑わしい。

 

実は無理していたのではないか。

 

 

今になって

実は縛られていたと

実感するのは

 

好きなように行動していたお前が言うか?と

言われそうですが

 

「良妻賢母」の重圧。

 

子どもをちゃんと育てたい。

子どもに良い教育環境を用意したい。

子どもにとって恥ずかしくない母でいたい。

 

とか、

 

婚家の親族とちゃんと、

感じよくおつきあいしなければ。

 

という気持ち。

 

 

小学校や中学校の保護者会やPTA活動で、

その場で浮かない普通な感じの

母親ってこんなかな、と頑張って擬態し、

参加していました。

(バレてたと思いますが)

 

子どもやダンナさんの話題とかって、

興味なくても。

(「その人」自身の人生や興味あることの方が聴きたい!)

 

大学付属高校の保護者会やお母さん達とのお付き合いも、

少しでも品ある雰囲気で(笑)

浮かないよう、

微笑を浮かべて擬態。

 

こうした経験のおかげで、

何通りもの擬態のワザを身につけ、

その場その場で大して無理せず、

その場にいる人に不安や違和感を与えない程度に

演じられるようになりました。

 

これって開き直ればとても楽しかったです。

 

そしてそれなりのウマの会う人との出会いもありました。

 

 

そもそも人間は、

たくさん生まれ変わって

いろいろな人生を経験するものだと信じているので、

 

妄想過去世ですが、

イタリアのおっさん修道士だった自分が、

結婚したり、母親になったり、

母親としてのつきあいや、いろいろな場面を経験するって

珍しい!

 

(産んだ!?授乳した!?育てた!?

 オッサンなのに超珍しい)

 

人生が珍しい経験や新しい体験ができ、

新しい景色を垣間見ることができる

観光旅行だと思えば、

そんなに向いていない母親業ですら、

珍しくて楽しい時間でした。

 

 

さて、

 

今の自分の心持ちは、

 

「自由」

 

「年季が明けた」

 

「ある修行期間の修了」

 

というもの。

 

どこの藩にも属さず、

どこの殿にも属さない、

 

素浪人の感覚です。

 

着流しに草履の気分です(わはは)

 

これからも、

 

流れ流れて、

その時々に必要な修行をしながら、

 

珍しい今回の人生の

体験旅行の残りを

楽しみたいと思います。

 

 

なんとなしの夢もできました。

 

年とったら、

 

大好きなインドシナ半島と

日本を行ったり来たりして

暮らしたいなあ。

 

そのためにタイ語も

以前よりも本気で、

勉強を始めました。

 

ついでに英語、イタリア語、韓国語も

また勉強し始めました。

 

 

 

 

| 一般 | comments(2) | -
 まけずぎらい

先日、実家に行ったら、

タニタの体組成計というのがありました。

 

はじめに年齢や身長、性別などのデータを

入れてから乗ると、

体脂肪率や推定骨量など、

いろんなことが判る体重計です。

 

ピラティス効果を見るため、早速乗ってみました。

 

おお、BMI 20  

内臓年齢 30歳だって♪

 

喜んでいると母がやってきて、

「私も乗る!」

と、自分も測定を始めました。

 

「わ、私だって、ほら!

 内臓年齢60歳!(実年齢77歳)」

 

「骨量だって、この年で、ほら!」

 

と、ライバル意識むきだしで、主張していました。

 

(私の数値については

「ふん。もしも痩せすぎになったら健康にどうなのか・・」

 などと難癖をつける)

 

 

母は妹二人、弟一人の長女。

 

小さい頃から長子として、

共に小学校教師の自分の母親や叔母から

賢くあれ!と、

褒められ鍛えられながら育ち、

 

弟妹に対し権勢を振るってきました^^。

 

弟妹の中で自分が一番頭が良い(自称)!

妹二人より、自分が一番美人でモテてた(自称)!

 

というのを、ことある毎に漂わせます。

 

娘(私)のことは、自分の自慢話のタネにするために人には自慢するのですが、

いざ、二人で対峙すると、負けず嫌いになり、

私に良いことがあったり良く言われた話を母にすると、

「ふ、ふん!私もね・・(と、自分のスゴイところや人に褒められた話を始める)」

と、対抗意識を燃やします。

 

最近つくづく思うのは、

こういう、

自己肯定感が強く、

負けず嫌いな所が、

母の場合、若さや気力を保つ秘訣なのかなと。

 

何があっても気落ちせず、

新潟出身のマインドで口ではネガティブな事を言っていても

本人は超ポジティブ、自分大好き、自分てスゴイと思っている・・!

 

・・・

 

これが若さや健康の秘訣なら、

 

適度に見習っていきたいものです

(^_^)(^。^;)

 

 

ちなみに、内臓年齢とかは、低めに出るように設定してあるのだと思います。

実年齢より高めに出たらクレーム来そうですからね笑

 

 

| 一般 | comments(2) | -
 布ナプキンのイベントのお知らせです
 友人のアロマセラピスト、野内スザナさん、
ホメオパスの中井さんなどが中心になって、
布ナプキンのイベントが
11月14日(土)に小金井であります。


・布ナプキンの手作りワークショップ

・中井ホメオパスによるホメオパシー講座
「ハッピームーンライフ ホメオパシー講座」

・「経血コントロールワークショップ」

・布ナプキンなどの販売コーナー

・ヒーリングコーナー
(リフレクソロジー、タロット占い、
クラニオセイクラル、整体、
ボディワーク、
オラクルカードリーディング 
など)

イベントのHP
http://nerutoko.exblog.jp/


ご興味ある方は、是非おでかけくださいね!



 ***


私も布ナプキンを使って5年以上になります。

今年に入って、旅行と生理が重なり、やむをえず市販の普通のナプキンをその数日だけ使ったのですが、

その翌月頃から、不正出血がだらだらと、1ヶ月くらい続いてしまいました!

小5で生理が来てから生理の問題は初めてだったので驚きました!

もはや、人工石油製品を受け付けない身体になってしまったのかもしれません。。

再び布ナプ生活を続けていたら、今はすっかり大丈夫になりました!

おろそしや〜

| 一般 | comments(0) | -
 むすこの夏の四国ひとり旅
 この夏休み、

むすこは一人で自転車を持って四国ひとり旅に出ました。

自転車を分解して、飛行機に乗り、行きは岡山空港へ。

岡山空港で自転車を組み立てて、倉敷を経て、
連絡船で四国へ渡ります。

四国では、北側の地域を西へ向かい、
しまなみ海道を通り、小さい島々を経て、
広島に渡り、
最後はまた自転車をばらして飛行機に乗って帰って来る、

という7日間の旅程です。

高1の男子だし、サバイバル力もある方だけど、
交通事故だけが心配だなあ、

と案じながら送り出しました。


初日、いきなり電話がかかって来たので、
肝を冷やしました!


なんでも、
高速道路につながる
自動車専用道を自転車で走行していて、

岡山県警高速道路交通警察隊に補導

されたのだそう。

補導された際、
部活で日焼けしたむすこは
警察の方から

なにじんならあ〜!?」

「なにしょ〜!?」

と訊かれたそうで笑。

顔も濃いめなので
多分、
インド人です!
と言っても、
バングラディシュ人です!
と言っても、
疑われなかったかもです笑。


岡山県警の方から私の携帯に電話が来て、

「お母さんて、本当にお母さん?」

「一人旅だって言ってるけれど本当ですか?」

「お母さん今、職場って言うけど会社名は?」

「会社じゃないんなら屋号教えてください。」

と根掘り葉掘り訊かれました。


夏休み中は家出も多かったり、
高齢者の方や不慣れな旅行者が道路を逆走したりするので、
重点的にパトロールをしているらしいです。

結局は、


「通常は保護者に岡山まで迎えに来てもらって、
一緒に連れ戻してもらうところですが、
本人の受け答えも首尾一貫してしっかりしているし、
事情がわかったので、
そのまま旅行を続けさせます。」

と言ってもらえました。

親が東京から迎えに行くとなったらこれまた大変ですものね。

ま、ピンチをチャンスに変える私ですので、

そうなったらそうなったで、
ご当地グルメを食べて帰ったり
意外と満足しそうですが笑。


むすこは警察の方から、

「日没後までに宿を決めて入って夜間は外に出ないこと。」

という注意を守ることを約束することで、
解放されました。


宿泊場所は一泊目だけ予約していました。

二泊目からはドミトリーなどの安宿に泊まればいいのかな、
と想像していたのですが、

意外と当日は安宿が満室で。

後で聞いてみたら

タワーホテルの上層階のツインしかあいていなくて、
高松の夜景を見ながらエクゼな夜を過ごした
だの。。

また、ワイルドな経験や地元の方たちとの出会いがあるかなあ、と母は期待していたのですが、

「日没後は宿に缶詰めなので、行った先々の書店でラノベ(ライトノベル)を買って、
ずっと読んでいた」
と10冊近くのラノベをリュックに入れて帰ってきたり

雨が降って、自転車に乗れず最新映画をシネコンで2本観た
だの、

あんまりワイルドではない感じでした。。


地元の方との出会いといえば、

二度ほど、道の駅などでおばあさんが声かけてくれたぐらい

で、やや想定外でした。


ま、それはそれで良い経験になったと思います
(^_^;)。



何より、

真っ黒になって帰宅したむすこの顔は、

とっても満足そうでした。













| 一般 | comments(0) | -
 その怒りの原因は・・
 フィリア(ホメオパシーセンター東京吉祥寺御殿山)で
相談会に用いている
エネルギー測定器QX-SCIOですが、

最近クライアントのかたを測定していて

「怒りを減らし笑みを増やす」
「心理的苦痛」
「怒り」
「敵愾心」
「攻撃性」

といったワードが目立って増えて来ました。

これまでですと、
それをクライアントさんに伝えると、
「ああ、それは夫ですね!」
などという答えが返ってくるのが普通だったのですが、

最近だと、
いろんな方々が、あいついで、

「安倍政権」

と、答えるのです。


「いてもたってもいられず、デモに行きました」
という主婦の方も。

また、それと共に、QX-SCIOで、注意すべき臓器として、
「肝臓」「胆嚢」
が上がってくることが増えました。

これらは怒りの臓器。
怒りの感情によって
これらの臓器への負担が増します。


多くの人に怒りを覚えさせ、
肝臓や胆嚢に負担をかけている、
安倍政権です・・(-_-)



安倍政権も安倍政権ですが、
所詮パペット。
極東日本支社長にすぎません。


数年前、
ホメオパシーネガティブキャンペーンを
朝日新聞はじめ、
マスコミに展開されることによって
この世界の裏事情に目が開かれた
私たちホメオパシーに携わる者としては、

日本を属国として支配しようとするあの国をはじめとする外国で、
さらに裏に隠れて表に出て来ない、
あの国を牛耳る0.01%のあの人たちにこそ、
怒りを感じますね〜。


そして、あの人たちって、自分たちはちゃっかり病気になるとホメオパシーのレメディーをとってるんですよね〜。

下々の奴隷(一般国民)相手には
石油化学製品から製造した、
あえて身体を酸化させる、
身体に良くない薬を製造・販売しておいて・・。



救いなのは、
日本人も、
一人一人が精神的に自立して、
真実を調べ、選択、行動するようになっている人が増えていると感じることです。

少なくとも私のまわりでは。


| 一般 | comments(2) | -
 GWでようやく一息つきました

ブログを読んでくださる方から、
なかなか更新されないから忙しいんですね、とメールいただいたりしました。
読んでくださってたんですね。ありがとうございます。

そう。3月からとても忙しかったんです・・。ものすごく。
その余波がずっと続いていました。。


3月は、
通常のホメオパシー相談会のほかにも、

義姉のいるタイに行き、
伊藤ホメオパスとフィリア3周年お泊まり会
 inパレスホテル東京、、
シャイニー東京ドーム公演2days、
引越しをひかえてあれやこれや準備や手続き、
むすこの中学卒業式、
むすこの友人親子とユニバーサルスタジオジャパンに行き、
ジュンスコンサート2days、
 (本当は引越当日の公演もチケットとってあり計3日間だったのですが、
 さすがに友人に譲りました^^;;)、
引越しのための荷造り、
自宅の引越し、
そしてラストは韓国に呼んでもらってセミナーもやりました。

4月に入っても、
ホメオパシー相談会をやりながら、

東方神起東京ドームライブ
むすこの高校入学式
入学にかかわるあれこれ、
慣れないむすこの弁当作り(給食が懐かしい)、
荷ほどき、
カーテンや家財道具の注文、
引越し後のあれやこれや手続きでてんてこ舞い。

とりあえず、リビングやキッチンなど共有スペースはなんとか片付けました。

また、西荻窪なので、フィリアまで通勤時間15分、
私以外の家族も皆、職場や学校に近くなって便利になりました。



さて、
自分のものの整理は、というと、後回し。

お手上げでした。

相談会のまとめや、会計、その他書類仕事は溜まるばかりで
それが山のように襲ってくるような圧迫感で
とってもストレス感じていました(>_<)


けれど相談会まとめ、会計関係、書類の整理などは、
このGWでようやく片付きました〜〜!!

ホッとしました・・


幸い引越ししたおかげで、
家族全員が一人一部屋持てるようになりました。

私も、こころおきなくシャイニーのポスターや、
その他好きなもので家族に評判悪いものも飾れるようになります!
(*^_^*)

けれど、それはもう少し先になりそうです。

その前に・・



この私物の段ボールの山!

隙間をぬって生活する日々がもう1ヶ月以上。

何とかしなければ・・

30箱くらいあるので、1日1箱で30日!?


・・これからやっと、取り組みます!




とりあえず、むすこの入学式も無事済んでホッとしました^^



| 一般 | comments(0) | -
 入試終了。


今日の吉祥寺 井の頭公園の雪景色です。
水墨画のようです。


むすこの高校受験は
先週末の私立自己推薦入試合格、
という急激な展開で、

一瞬で終了しました。

3人の男性教師との個人面接では
30分間のうちほとんどが
むすこが中学時代やっていた自作ロボット競技についてに費やされ、
ロボットのセンサーなどの細部の構造やプログラミングについての細かい具体的な質問に終始し、

「おたくのおたくによるおたくのための面接」

の様相を呈していたようです。

自分の得意分野でリラックスして楽しく話ができて、
それで入学が決まったので
本当のむすこを見ていただいて入学させてもらえるわけで
幸せなことです。

お守りトライアングルセットの
菅原道真公・天神さまのおかげです。


しかし推薦入試に関しては、
事前の運だめし程度の認識で

合格すると思っていなかったので、
相談会の仕事も普通に入れていました。

合格と同時にその日に役所や銀行やいろんなところに奔走して
翌日の手続きまでに書類を整えないといけないことを知りませんでした。

翌日が土曜日だったので、
まさに半日ほどの間にやらなければいけないのです。

相談会の予約はいっぱいだったため、
やむなく一人の方は、すぐそこまで来ていたにもかかわらず、
居住地の役所に行って来なければならないために、
延期をお願いしてしまいました。

快く応じてくださったクライアントの方に感謝です。


恥ずかしながら、受かっても
こんなに大変て、知りませんでした。。
(^^;;

そして、ひとりむすこなので、この経験は
特に生かされることもなく、
これで終わります。


わたしもこれで安心して
仕事(ホメ)と韓活動にいそしめます。

また、その学校は

わたくしのストライクゾーンぴったりの
知的で上品な?印象の生徒が多い
(と事前見学でそこは確認)
男子校なため、

保護者活動が楽しみです。
(*^_^*)



| 一般 | comments(0) | -
 まつ毛のある山

国内外の美術館企画展などで継続的に作品を発表している
5人の女性画家が選ばれて企画された

展覧会「クインテット2−五つ星の作家たち」

が明日から始まります。




この展覧会に、ご近所さんが出品しているので、内覧会に呼んでもらいました。

会場は、
色彩、光、空気感、音、温度、湿度、時間、想い出など、
言葉で言い表すのが難しいですが、

そんな感覚が溢れだす作品ばかりで、

何より色がとってもきれいで

ずーっとこの空間に座っていたいような気持ちになりました。


このご近所さんは、子ども会役員活動を一緒にやったりして、
いわゆるママ友さん的な面もあるのですが、

低いテンションのままで楽しくいつまでも会話が続く
という不思議な懐かしい感じのする人だと思っていたら、

ある時、同じ女子校(中高)の2つ先輩だとわかりました。

彼女の方も、私と話していて実はただならぬ怪しい臭いを感じていた、
と言っていました(笑)。



さて、今日のレセプションでは作家による作品解説がありました。

その人の作品は、
山や風景にまつ毛がついた作品群が印象的です。


以前別の個展で観た時には、

山の精霊とか、自然霊的なものかな、と思っていたのですが、


今日の話で、


人とずっと話していたり、見ていたりすると、
その人の奥行きだけが見えてきて、
その人が自然と一体化してきて、
あらゆる要素がそぎ落とされて、
最後に人である象徴としてまつ毛だけが残った。


という絵だと分かりました。

自分の子が寝ている姿を見ていても、子供が雲海の中に一体になっていくように見えるのだそうです。

そうだったのか・・面白いです。。



岩尾恵都子作 「絹の子 ねがお」

ちなみにこの絵は、
義理のお母さんが70歳を過ぎて、
歩行車を押して歩いている姿がとても愛らしいと感じて描いた作品だそうです。
(^o^)


その話を聴いて、作品がますます好きになりました。


新年から感覚をリフレッシュさせてくれる展覧会がみられて良かったです♪

ぜひお出かけください^^。


クインテット2:−五つ星の作家たち

会期:2015年1月10日(土)−2月15日(日)

会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(新宿西口)






| 一般 | comments(0) | -
 新年からうれしい再会
年末年始の大々的な断捨離・片付けを終えて、
今日は時間があったので、
ほぼ一週間ぶりに電車に乗って百貨店まで買い物に行ってみました(笑)。

電車に乗るのって新鮮(笑)。
わぁー、お店がたくさんある(笑)!


婦人服売り場で、年末に他の支店で見ていいな、と思っていたワンピースが目にとまりました。

行ったり来たりしていると、ショップの店員さんが声をかけてきて、試着を勧めてくれました。

二種類の色があって、どっちがいいか、とか、サイズはどうしよう、など親切に相談に乗ってくれている店員さんを見て、懐かしいようなホッとするような気持ちになりました。

(この懐かしさは一体・・過去世のご縁??)

と思いながら試着していたら、思い出しました。

過去世よりずっと最近のことでした^^。
10年近く前に、当時気に入っていたお店にいた店員さんだったのです。

試着室から出て、話をしたところ、覚えていてくれました。

今は会社を変わられて、このお店で働いているそうです。
まあ偶然!

その人は当時、私がホメオパシーの仕事をしているというと、
自分も関心があって本を読んでいる、と話してくれていたので特に印象に残っていました。

また、服を選んでいる間、遠くから静かに見守ってくれて必要な時だけ親身になってアドバイスしてくれる、という接客で、
これまでで一番自分が求めている接客をしてくれる人だと思う人でした。

やっぱり過去世レベルのご縁がありそうです。


当時、そのショップでは、その人その人に合う色をアドバイスしてくれるイベントがあり、
その時にその人から、ロイヤルブルーが合う、というアドバイスをいただいていたのを思い出して、
今日はグリーン系とブルー系で迷っていましたが、
ブルー系に決めました!



新年早々、うれしい再会でした。
(*^_^*)


断捨離・片付けのおかげで早速新しい気が流れてきているようです。

今年も良い年になりそうです・・!
| 一般 | comments(0) | -
 年末年始あれやこれや
あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いします。

ちなみに相談会は6日から始めます^^


今年の年末年始はむすこが高校受験で塾の正月特訓があるもので、
おっとの田舎の京都へは行きませんでした。

10連休で、家族での予定もなし・・

となると、

久々に
断捨離☆お片付けしようかと重い腰を上げました!


12月30日、31日、1月1日も、2日も・・・

朝の1時間のウォーキング以外、ほぼ外出せず、
部屋の片隅で地味ーにひたすら、
片付けに片付けました。

こんな片付けは、確か昨年末にやって以来です。
書類関係に至っては、3年分ありました。



よくこれだけ、どこかに収まってたなあ〜!
って、出してみるとビックリするんですよね。

今回はいろいろな引出も整理して、
閉まらずモノが溢れていた引出(汗)も、
底が見えるようになりました〜〜♪

ちなみに前回引出の整理をしたのは何年前か・・

もしかしたら10年近いところもあるかもしれません。

今年もこれできっと、
良い気が流れてくることと思います♪
(^o^)



***

ところで、話は変わりますが、


この年末に、あって当たり前だったインフラが、
いくつかたち行かなくなりました。

ひとつはスカパーです。

年末に外壁の補修を行い、足場の解体の際に、アンテナから通じる線が分断されてしまったようです。

年末は、韓国テレビ界は年に一度のビッグイベントである、歌謡祭や演技大賞が目白押しなんです。

そんな楽しみな時期に、まさか、韓テレが観られないなんて想定外。

まさに晴天の霹靂です・・。

心の内は半狂乱、そしてウツ状態に・・・。

相談会の仕事と家に帰ってからの韓タメ・・
この完璧な生活のバランスが崩れ、
浄化とエネルギーチャージの機会を失ってしまいました。

3日ほどして電気工事の人が来てくれましたが、この期間がどれほど長く感じられたでしょうか。。


工事が終了して、試しにテレビをつけてみて、と言われ、
ドキドキしながらスイッチを入れると・・、

ちょうど、韓ドラ「会いたい(ポゴシッタ)」で、
ユチョンのどアップが画面に現れました!!

まぶしい・・!

暗闇の世界に光が射し、天使が舞い降りたかのような喜びと高揚感に包まれました。


もうひとつは、

12月半ばから、お風呂場や洗面所のお湯がチョロチョロしか出なくなってしまいました。
寒い中、チョロチョロのお湯での入浴はつらかったです。

こちらは1月1日になって
ようやく給湯器の取り替え修理の人が来てくれました。
お正月からありがとうございます。

1月1日から、シュワーーーー!
っと、すばらしい湯量で入浴ができるようになり、
こちらも神様がやってきてくれたかのような喜びでした。


そんなこんなで、


「無いものにフォーカスして無い無い、と求めるのではなく、

いつも身近にあって、それが当たり前で感謝しなくなっているもののありがたみを感じることこそ大切。」


とのメッセージを受け取りました!

ユチョンなど韓タメの映像!お湯!
(^^)

どちらも、当たり前過ぎていたけれど、
私にとっては、かけがえのないものでした!

ありがとう・・・!









| 一般 | comments(0) | -

CALENDAR 
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode