コロナの時期を経て自分の仕事の意味に気づいたかたのはなし

そのクライアントさんは

ある伝統舞踊を教えている方でした。

 

若い頃は歌手デビューをしたこともあり、

芸能界での活躍を目指したこともありましたが、

なかなか思うようにいかず芸能活動を断念し、

その後、40代後半の現在に至るまで、

その伝統舞踊をカルチャーセンターなどで教える仕事をしていました。

 

彼女には迷いがありました。

 

その伝統舞踊はお母様が元々指導していたもので、

自分は若い頃からお母様からその舞踊を教えられてきた、

だから自分自身はその舞踊に向いていないのに、

何となくそれ流れでやっているのではないか、

という考えがぬぐえなかったのです。

 

その伝統舞踊の世界は、

背景に流れる精神や伝統、スピリチュアリティを深く掘り下げるカリスマ舞踊家や講師が多く、

自分には背景に流れる精神性に対する探究心や情熱がない、

ということがコンプレックスになっていました。

 

自分の生徒さんに対しても、

辞めてしまったらどうしよう、という恐れから気を使うことが多く、

傍若無人な生徒さんにも辞められることを怖れて

何も言えず、静かに怒りを溜めることもありました。

 

自分はこの世界でこの仕事をしている資格がないのではないか、

と、迷っていました。

 

長年同居しているパートナーがいますが、

結婚したり子どもを持つという気持ちにはなれずに来ました。

 

今年に入り、

新型コロナウイルスのことがあり、キャンセルする生徒さんが続出、

ショックを受けている間に教室も全て閉鎖になりました。

 

絶望している中、パートナーが支えてくれたことで、

パートナーに対する信頼感と安心感が芽生えたそうです。

 

また、これまでになく仕事を長期で休んだことで、

長年迷っている仕事に対しても、

大きな気づきがあったそうです。

 

実は自分は「教える」ことが大好きなのだと気づいたそうなのです。

 

そのためのツールとして用意されていたのが、

今の伝統舞踊なのだ、と気づいて

迷いが無くなり、仕事に対する愛情と気持ちが強くなったということです。

 

 

仕事は「呼ばれるもの」と言います。

 

お役目、やるべきことがあると、

その仕事に呼び寄せられていきます。

ですので、今やっていることは、偶然、とか、意味の無いことでは

決してないのです。

 

今いる場で、呼ばれたことに感謝して、自分のできることを

誠意を持ってやることで十分なのだと思います。

 

その方も、

生徒さんがわかりやすいように「教える」、

その事を通じての世の中への「奉仕」という魂の目的があり、

 

それを果たす上の道具が、

生まれた環境に用意されていたのだと思いました。

 

そのクライアントさんとは

20代の頃からもうかれこれ20年近いお付き合いになります。

 

その言葉を聞いて、私も感慨深かったです。。

 

私自身も自分が呼ばれた場で

お役目を楽しみ、感謝して頑張ろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ケース(症例) | comments(0) | -
 2019年第20回コングレス発表ケース「家族全員がレメディーをとり、精神面で相互に影響し合い改善したケース」

「家族全員がレメディーをとり、

精神面で相互に影響し合い

改善したケース」

 

このケースは、

家族全員がレメディーをとることで、互いに良い影響を与え合い改善した家族のケースです。

 

毎回相談者の女性が家族を代表して相談会に来られる形で進められました。

 

 

45歳 女性

【主訴】

・人前で話をする際に過度に緊張する。

・不整脈や動悸、浅い呼吸。

 

・人や物に関心が持てない。

・会合などで周囲の話が耳に入らず孤独を感じる。

・子育てに対する後悔の気持ち。

 

【タイムラインと生育背景】

出生     無痛分娩

5歳・7歳 交通事故

20歳頃   ミーティング中に緊張から

              眼の前が真っ白になる

20代     父の自死

 

その後、精神科の薬を服用開始

 

【相談者の母親からの影響と母親との葛藤】

・幼少期より母親のストレスの受け皿になってきた。

・母親からの嘲笑や否定的な言動。

・母親のヒステリックな言動や「死ぬ」という脅し。

 

・心から母親を助けたいと思って生きていた。

・母親を助けたいと思ったのに拒絶をされウツ症状が出始めた。

 

【使用した主なレメディ−とフラワーエッセンス】

Carc.  感情抑圧

Op.        感情麻痺・無痛分娩・過去のトラウマ

Ph-ac. 感情麻痺

Aur-m-n. 親に対する責任感

Visc.       親からの抑圧

FE) ライラック 人生が開花していない

FE2)  オオシマザクラ 周囲への警戒心と緊張

 

【結果】

・服用していた薬剤が激減した。

・孤独感が解消。

・感動するようになった。

・頭がはたらくようになった。

・母に対する感情や距離感の変化。

・子どもへの対応が改善された。

 

 

夫 48歳

【主訴】

・会社を辞めたい

 

・頭部や身体の膿瘍・舌の腫瘤

・身体が痙りやすい

・逆流性食道炎

・肝機能・高血圧・高血糖・高脂血症

 

【使用した主なレメディーとフラワーエッセンス】

Caust.  感情的な麻痺・過剰な正義感・腫瘤

Nit-ac.  苛立ちと嫌悪感・腫瘤

Lyc.        抑圧的な生育歴と自信のなさ

Benz-ac. 高脂血症・腎機能肝機能サポート

 

FE)  パインコーン 親の権威からの脱却

FE) バターカップ 周囲への不信感と否定的態度

FE) レッサースイッチワート 不要になった価値感や思考からの脱却

 

【結果】

・過去の記憶があふれ出し心の傷を自覚。

・高熱を出す。

・親に対する感情に変化。

・仕事に対する気持ちへの変化。

・身体症状の改善。

 

長男 16歳

【主訴】

・消極的ですぐに諦めてしまう

・人前で話すのが苦手

・親の期待に過度に沿おうとする

 

・骨や歯に問題が起こりやすい

 

【使用した主なレメディーとフラワーエッセンス】

Thym-gl. 自我が育っていない。過去のトラウマ

Ambr.   人前で話をする時の緊張

Gold-f.     制限されてきた子ども

 

FE) セルフエスティーム 自己卑下

FE)  ライラック  萎縮

 

【結果】

・高熱が出る

 

・感情が活き活きし笑顔が増えた

・声が大きくなり張りが出た

・意欲的に行動するようになった

・弟との関係の改善。

 

 

次男 13歳

【主訴】

・偏頭痛

・チック

・脚の痙り

 

・学校で問題を起こす

・自分を大きく見せたがる

 

【使用したレメディーとフラワーエッセンス】

Agar.  チック

Zinc.    神経の問題、偏頭痛

Med-a.  暴力的、物質主義的

Fl-ac.   物質的価値感、表面的

 

FE)バターバー 問題児として扱われた影響

 

【結果】

・発熱を繰り返す

 

・チック、頭痛、痙攣が改善

 

・イライラや否定的態度の改善

・周囲に認めれることが増える

 

【まとめと考察】

・家族それぞれが互いに良い影響を与え合い、

 解放された。

 

・全員が活き活きとして明るくなった。

 

・親自らが自信のインチャを自覚し癒してこそ、

 子どもも改善する。

 

【最後に クライアント様からのメッセージ】

「絶望の中から救われて本当に感動しています。何をしてもダメで死んでしまったような心が息を吹き返したようになり、小さい頃はこんな感じで気持ちよく生活していたんだな、と今の状態を大変ありがたく感じています。」

 

 

 

 

 

 

 

| ケース(症例) | comments(0) | -
 2019年第20回コングレス発表ケース「リウマチ症状と共に 罪悪感やヘビへの恐怖が改善したケース」

「リウマチ症状と共に 罪悪感やヘビへの恐怖が改善したケース」

40代 女性 

会社員

 

リウマチと診断された指の痛みや、他にも首のコリや身体全体に緊張が見られていました。

それと共に、

精神面では強い罪悪感とヘビへの恐怖があり、

ヘビの恐怖は可愛いイラストに対してさえもありました。

相談会ではTBRを使用しレメディーをわりだすと同時に、

TBRにこだわらず、精神面の症状を考慮したレメディーも使用しました。

その結果、リウマチ症状や身体の痛みは大きく改善し、

罪悪感など相手本位に考え過ぎる傾向、ヘビへの恐怖も改善しました。

 

【主訴】

リウマチと首のこり

 

【主訴の状況】

リウマチ

・3-4年前から

・手の親指第1関節の痛みが1ヶ月以上続く

・医療機関にてリウマチと診断 

 炎症値が高く家族の既往もあり

・病院で処方された薬剤を服用も、

 胃の不調が出たために中止

 

首のこり

・10年ほど前から

・首の硬さ、身体の緊張がとれず常に力が入っている

 

 

【付随する症状】

・首から胸にかけ詰まり感

・睡眠の質が悪い

・脚の痙り  

・舌の痙り

・全身に冷えと浮腫み

 

【精神面・感情面】

・ヘビに対する異常な恐怖

 (一瞬写真やイラストを見る程度でも恐怖)

・相手本意に考えすぎる傾向

・「罪悪感」 

 誰かに対して悪意を感じると自分は悪魔だと思う

 

【方法】

第1回 2019年2月3日

朝  アルポ Caust.LM1 Calc-p.LM1 Carc.LM2

昼  MT)パッシフローラ Adren.30C Mag-c.30C Mag-m.30C

 Ameth-E200C Cimic.30C

夜  アルポThym-gl.10M Lach.LM3

 

第2回 2019年3月31日

朝 アルポ Caust.LM2 Nat-m.LM1 Hep.LM1

昼  MT)ハイペリカム Chel.30C Nit-ac.30C

   Acon.6C Berb.6C Colch.30C

夜  アルポ Bry.LM4 Lach.LM4 Gold-b-E 10M

 

第3回 2019年5月26日

朝  アルポ Plb.LM1 Alum.LM1 Zinc.LM1 Syph.LM2

昼 MT)ハイペリカム Form-ac.30C Apis.30C Bry.30C

Ph-ac.200C Nat-m.10M

夜  アルポ Ars.LM3 Nux-v.LM3

随時  FE)S-05 ブラダーセナ Bladder Senna

 

 

【結果】

・リウマチ症状→消失

・首のこり→大きく改善

・首から胸の詰まり感→大幅に改善

・脚の痙り→大幅に改善

・舌の痙り→消失

・睡眠の質→改善

 

・ヘビに対する恐怖→大きく軽減

・相手本意に考える傾向→半分程度に減少

・自責の念→軽減

 

【考察】

・身体の緊張やこわばり、神経の緊張から眠りが浅い

 などの不調が顕著だったため、神経の問題や

 筋肉の緊張に対応するレメディーを選択した。

 

・筋肉や関節の硬化全般に対して:Caust.Chel.

 

・リウマチ症状に対して:Caust. Calc-p. Cimic.

  Form-ac. Bry. Benz-ac.

 

・神経の緊張とそれに伴う睡眠の問題については、

マザーチンクチャーのハイペリカム、パッシフローラを選択し、

Adren.Ameth-E Mag-c.などのレメディーをさらに加えた。

 

・通常はレメディー選択にTBRを用いることも多いが、

 今回のケースではTBRで上位のCaust.のほか、

 他の要素も考慮して選択した。

 

レメディーと選択理由について 

 

Lach.を選択した理由

・首に始まる詰まり感や首の硬化など、首や喉の症状が顕著である。

・ヘビに対する異常な恐怖。

・霊感や直感が強くそこから体調に及ぼしている影響がみられる。

 

MT)(マザーチンクチャー)ブラダーセナの選択理由

・罪悪感

 

Carc. Thym-gl. を選択した理由

・自己免疫疾患(Carc.Thym-gl.)

・罪悪感を感じることが多い点(Carc.)

・相手本意に物事を考えすぎる傾向(Carc.Thym-gl.)

・上記のような精神的な傾向と自己免疫疾患の関係を考慮。

 

・その結果、当初の症状はほぼ消失または軽減した。

・罪悪感や相手本意にものごとを考える傾向も軽減。

・ヘビに対する恐怖については、

当初はヘビの写真がちらっと目に入るだけで

非常に恐怖を感じ、かわいく描かれたイラストにさえ

恐怖を感じていたのが大きく改善した。

| ケース(症例) | comments(0) | -

CALENDAR 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode