<< 人の夢にまで嫉妬するのび太(苦笑) | HOME | あるのは自分自身による縛りだけかも >>
 吉祥寺。朝のカフェで・・

朝、相談会の仕事に行く前に、
駅ナカのカフェに立ち寄り、
カウンターに座っていました。

結構混んでいる店内、
お隣はリゾート風ファッションの70代位のおじさま。

おじさまが立ち上がった拍子に小銭をばらばらと落としてしまったのがきっかけで、
会話が始まりました。

おじさまは、

「だめだねー、だめだねー、老化はこういうところにやってくる。あっちこっち老化!」

「文豪も言ってたよ。『人間、人生一度きり、生まれて死んで、忘れられて風化していくのさ・・。』」

「ばあさんに言われたよ。『あなたの人生っていったい何だったの?何をしたの?本を読んでただけじゃない。』って・・。」

と言いました。


でも、机の上を見るとカギの束や分厚い手帳が見えました。

「なにか、管理のお仕事をしているんですか?」

と聞くと、

若い女性向きの商品を売るお店を奥様とやっている、とのことでした。

手帳を見せてもらうと、私もよく知らないような若い女性向けブランドがたくさん書いてあります。

私も知らないブランドも多くあり、
たくさんの商品知識があってすごいですねえ、
という話になり、
その後、しばらくお話を続けました。

おじさまの話し方は最初の感じから、
どんどん明るく前向きに変わっていきました。


別れる時に、おじさまは、

「吉祥寺は居場所があっていいや。
こういうカフェでもね。
 今日はばあさんが店にいるから、
私は本を買って帰りますわ。」

と、明るい笑顔で言いました。


いろんな年代の人に居場所があって、自然に年齢を超えて共存できて、、

お年を召したかたも、ずっと青春でいられる場所。

そんな吉祥寺が好きだなあ・・、
と改めて思いました^^

| 吉祥寺かいわい | comments(0) | -


 COMMENT


 POST A COMMENT










CALENDAR 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode