<< 2月のセミナーは入門編と花粉症対策編です♪ | HOME | アロマとホメのコラボセミナーです。 >>
 まつ毛のある山

国内外の美術館企画展などで継続的に作品を発表している
5人の女性画家が選ばれて企画された

展覧会「クインテット2−五つ星の作家たち」

が明日から始まります。




この展覧会に、ご近所さんが出品しているので、内覧会に呼んでもらいました。

会場は、
色彩、光、空気感、音、温度、湿度、時間、想い出など、
言葉で言い表すのが難しいですが、

そんな感覚が溢れだす作品ばかりで、

何より色がとってもきれいで

ずーっとこの空間に座っていたいような気持ちになりました。


このご近所さんは、子ども会役員活動を一緒にやったりして、
いわゆるママ友さん的な面もあるのですが、

低いテンションのままで楽しくいつまでも会話が続く
という不思議な懐かしい感じのする人だと思っていたら、

ある時、同じ女子校(中高)の2つ先輩だとわかりました。

彼女の方も、私と話していて実はただならぬ怪しい臭いを感じていた、
と言っていました(笑)。



さて、今日のレセプションでは作家による作品解説がありました。

その人の作品は、
山や風景にまつ毛がついた作品群が印象的です。


以前別の個展で観た時には、

山の精霊とか、自然霊的なものかな、と思っていたのですが、


今日の話で、


人とずっと話していたり、見ていたりすると、
その人の奥行きだけが見えてきて、
その人が自然と一体化してきて、
あらゆる要素がそぎ落とされて、
最後に人である象徴としてまつ毛だけが残った。


という絵だと分かりました。

自分の子が寝ている姿を見ていても、子供が雲海の中に一体になっていくように見えるのだそうです。

そうだったのか・・面白いです。。



岩尾恵都子作 「絹の子 ねがお」

ちなみにこの絵は、
義理のお母さんが70歳を過ぎて、
歩行車を押して歩いている姿がとても愛らしいと感じて描いた作品だそうです。
(^o^)


その話を聴いて、作品がますます好きになりました。


新年から感覚をリフレッシュさせてくれる展覧会がみられて良かったです♪

ぜひお出かけください^^。


クインテット2:−五つ星の作家たち

会期:2015年1月10日(土)−2月15日(日)

会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(新宿西口)






| 一般 | comments(0) | -


 COMMENT


 POST A COMMENT










CALENDAR 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode