<< その怒りの原因は・・ | HOME | むすこがデモで風邪 >>
 むすこの夏の四国ひとり旅
 この夏休み、

むすこは一人で自転車を持って四国ひとり旅に出ました。

自転車を分解して、飛行機に乗り、行きは岡山空港へ。

岡山空港で自転車を組み立てて、倉敷を経て、
連絡船で四国へ渡ります。

四国では、北側の地域を西へ向かい、
しまなみ海道を通り、小さい島々を経て、
広島に渡り、
最後はまた自転車をばらして飛行機に乗って帰って来る、

という7日間の旅程です。

高1の男子だし、サバイバル力もある方だけど、
交通事故だけが心配だなあ、

と案じながら送り出しました。


初日、いきなり電話がかかって来たので、
肝を冷やしました!


なんでも、
高速道路につながる
自動車専用道を自転車で走行していて、

岡山県警高速道路交通警察隊に補導

されたのだそう。

補導された際、
部活で日焼けしたむすこは
警察の方から

なにじんならあ〜!?」

「なにしょ〜!?」

と訊かれたそうで笑。

顔も濃いめなので
多分、
インド人です!
と言っても、
バングラディシュ人です!
と言っても、
疑われなかったかもです笑。


岡山県警の方から私の携帯に電話が来て、

「お母さんて、本当にお母さん?」

「一人旅だって言ってるけれど本当ですか?」

「お母さん今、職場って言うけど会社名は?」

「会社じゃないんなら屋号教えてください。」

と根掘り葉掘り訊かれました。


夏休み中は家出も多かったり、
高齢者の方や不慣れな旅行者が道路を逆走したりするので、
重点的にパトロールをしているらしいです。

結局は、


「通常は保護者に岡山まで迎えに来てもらって、
一緒に連れ戻してもらうところですが、
本人の受け答えも首尾一貫してしっかりしているし、
事情がわかったので、
そのまま旅行を続けさせます。」

と言ってもらえました。

親が東京から迎えに行くとなったらこれまた大変ですものね。

ま、ピンチをチャンスに変える私ですので、

そうなったらそうなったで、
ご当地グルメを食べて帰ったり
意外と満足しそうですが笑。


むすこは警察の方から、

「日没後までに宿を決めて入って夜間は外に出ないこと。」

という注意を守ることを約束することで、
解放されました。


宿泊場所は一泊目だけ予約していました。

二泊目からはドミトリーなどの安宿に泊まればいいのかな、
と想像していたのですが、

意外と当日は安宿が満室で。

後で聞いてみたら

タワーホテルの上層階のツインしかあいていなくて、
高松の夜景を見ながらエクゼな夜を過ごした
だの。。

また、ワイルドな経験や地元の方たちとの出会いがあるかなあ、と母は期待していたのですが、

「日没後は宿に缶詰めなので、行った先々の書店でラノベ(ライトノベル)を買って、
ずっと読んでいた」
と10冊近くのラノベをリュックに入れて帰ってきたり

雨が降って、自転車に乗れず最新映画をシネコンで2本観た
だの、

あんまりワイルドではない感じでした。。


地元の方との出会いといえば、

二度ほど、道の駅などでおばあさんが声かけてくれたぐらい

で、やや想定外でした。


ま、それはそれで良い経験になったと思います
(^_^;)。



何より、

真っ黒になって帰宅したむすこの顔は、

とっても満足そうでした。













| 一般 | comments(0) | -


 COMMENT


 POST A COMMENT










CALENDAR 
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode