<< QX-SCIOと熱海へ | HOME | 京都 思いつくまま旅2日目 >>
 京都 思いつくまま旅

金曜夜の夜行バスで京都に行きました。

 

京都もかれこれ50回以上は行っているので、

これといって行かなきゃ、という場所もなく。。

 

今回は食事するところと宿だけ予約してあり、

お昼に友人2人と合流予定。

 

 

朝6時30分に、京都駅八条口に到着。

 

そのままJRでまずは伏見稲荷神社に行きました。

 

 

 

 

 

以前昼間に行った時は、すごい人だったのですが、

早朝は訪れる人も本当に少なくて静かでした。

そして清浄な空気感でした。

 

 

以前に持ち帰った縁起物を、その後何度か京都に持ってきては寄らずに戻っていたのですが、

 

今回ようやく納めることができました。

 

古いお札などを納める場所のほど近くに、小さな滝があり、

水が流れている小川が気持ち良くて、

気に入ってたたずんでいると、

スペイン人カップル、ペドロとマリア(と勝手に名前つける)

が来て、熱く写真撮影を始めたので、次に向かいました笑。

 

 

 

京阪電車の駅から、出町柳へ。

 

そこから叡山電車に乗り換えると、

ちょうど、座席が窓に向かって配置されている

観光列車でした。

 

 

「ここに座っていいですか」

と、本格的なカメラを持った30歳位と思われる女性がやってきました。

 

話してみると、

何となく予定も立てずに叡山電車のフリーパスを買い、

まずは鞍馬に行ってから、撮影しながら回ろうかと思っている、とのことでした。

 

普段は奈良LOVE で、しょっちゅう東京から奈良に通っているとのことで、

この辺は初めてとのことでした。

奈良にハマッてしまったこの方のお友達は、

数年前に奈良に移住し、

今もお土産物店兼カフェをやっているそうです。

 

良いところですものね。奈良。

(*^_^*)

 

全長6時間かかる十津川からの日本最長の路線バスに乗った時の話など、

その人から興味深く奈良の話を聞かせてもらいました。

 

 

というわけで。

私もまずは終点の鞍馬に行きました。

 

 

 

写真を撮ってゆっくり巡る、という彼女と別れ、

一人鞍馬寺へ。

 

 

 

ケーブルカーで上がり、さらに山道を登って行きます。

 

信仰熱心なおばあちゃん達も杖をつきながら一生懸命登っていました。

 

本堂でお参りし、

案内図を見ると、

奥の院から貴船に出る山道があるのが目にとまりました。

 

「奥の院」

というと、GWに行った三峯神社奥の院のハードな前例があるので、

注意深くなり、

近くでお掃除していたおじいさまに聞いてみると、

 

「だいじょぶだいじょぶ、若いから!」

 

と励ましてくれました。

 

「若いから」

の言葉にいい気になって出発。

 

山道は、最初のうちは上りが続いて息が上がりましたが、

後半はひたすら山を下ることが多く。

 

 

 

 

途中から、

11歳くらいの女の子とおしゃべりしながら歩きました。

 

お父さんお母さんと兵庫県から来たそうで、

二人はへばってしまって、後から来る、

とのことでした(^_^)

 

人なつっこい女の子に元気をもらって、

あっという間に貴船に着きました。

 

三峯神社の奥の院登山に比べたら、

大変ではない山道でした。

 

 

 

 

貴船神社は水の神様、龍神様を祀っています。

 

なんとなく、

龍神様がここまで連れてきてくれたのかなあ〜

と、思いました。

 

龍神様の札が売っていて、

なんだかパワーありそうなので、

買いました^^。

 

 

ひもの長さを自由に調節できてどこにでもつけられます、

と、書いてあるのですが、

調子に乗って首から提げたら、

友だちにどん引きされるだろうなあ〜。。

 

バッグの内側につけました笑

 

境内では結婚式をやっていて、

中国語を話す観光客も多く、

鞍馬寺に比べて

とても賑わっていました。

 

 

お参りした後は、

貴船駅までバスで出て、

叡山電車で

ふたたび出町柳に向かいました。

 

 

出町柳から、

徒歩で近くの

下鴨神社へ。

 

 

下鴨神社も清流がきれいて、

糺の森は、

本当に清々しい空気で満たされていました。

 

 

ここでも結婚式をやっていました。

今日はお日柄が良いのですね。

お天気で良かった。

 

 

冷やし汁粉でひと休み。。

 

 

下鴨神社でお参りした後、

友だちと待ち合わせている

一駅先の神宮丸太町駅の中華料理店、

 

マダム紅蘭へ。

 

賀茂なすの麻婆豆腐など、

お腹いっぱいいただきました。

 

 

以上、ココまでが

午前中にやったことです!

 

欲張りすぎて、

ふくらはぎが痛い。。

(^_^;)

 

午後は永観堂に行きました。

永観堂というと、秋の紅葉シーズンが有名ですが、

 

初夏の青もみじの風景も本当にキレイで、

 

密度の濃い宝石箱のような、

お寺だなあ、と思いました。

 

 

 

みかえり阿弥陀、という横を振り向いた姿の仏様も有名です。

 

ネットに

中国人観光客の感想が載っていて、

「回首的阿弥陀仏最好!」

とか書いてありました。

 

「回首的阿弥陀」

というのがなんだか笑えました。

 

永観堂を訪れた後は、

 

建築関係の出版社に勤める友人の友人で、

古い町家を買って

リノベーションして住んでいる人のお宅を

見せてもらいに行きました。

 

おしゃれで、工夫が一杯で、感動しました。

 

宿は、

その友人のオススメで

Kyoto Art Hostel Kumagusuku

という、

現代アートのギャラリーとゲストハウスが一緒になった

面白い宿に泊まりました。

1泊7000円位とお手頃のお値段。

 

個室にもアート作品が展示されていました。

 

 

近くの銭湯にも行って、

常連さんのおばあちゃんと交流もできました。

 

脱衣所に、

昔のパーマ屋さんにあった

頭にすっぽりかぶる式の

ドライヤーとソファーのセットがあって

珍しがっていると、

 

おばあちゃんが、

いかにそれが優れているか、

今も3分20円で使えるから、

髪も上に巻き込まれることのないつくりだし、

などと、牛乳を飲みながら

裸で力説してくれました^^。

 

一緒に居た友人も

子どもの時に使ったことがあるそうで、

確かに優れている、

確かに髪も巻き込まれない、

と言っていました^^。

 

普通のドライヤーで乾かしてしまった後だったので、

とても残念でした。

 

充実した、

長い長い一日で爆睡。

 

翌朝、

若奥様がカウンターで作ってくれるおばんざい風の朝食も

最高に美味しかったです。

 

この朝食代が追加500円なんて、

素晴らしすぎて申し訳ない!

 

若奥様のあまりの料理上手に感激して、

思わず、

「けっこんしてください!」

と言うと、苦笑しておられました。

 

ごめんなさい。

(^_^;)

 

 

 

| | comments(2) | -


 COMMENT


とっても楽しい 旅行記でした 40年前の岡山在住の親友との京都旅行を思い出しました  哲学の小道をぶらぶらしていて  別の2人組と合流なんてことも・・・   ただただ懐かしいです
お薦めの やど  行ってみたいです
| 山上敦子 | 2017/06/13 2:13 PM |
山上さま コメントありがとうございます。
いつ行っても、
京都は昔の姿をとどめて待っていてくれますね。
| philiaokamoto | 2017/06/13 5:09 PM |
 POST A COMMENT










CALENDAR 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode