<< フィリア マヤズムセミナーでした | HOME | セミナー「夏を乗り切るホメオパシー」でした >>
 初夏の京都

7月初めにまた京都にを訪れました。

 

今回もバスタ新宿発の夜行バスで。

 

周りは穏やかな女性ばかりで今回は不便なく過ごせました。

 

不便なのは自分の身体が少し痛いだけ(笑)

 

 

 

朝いちで訪れるのはこのところ

伏見稲荷神社。

以前より人は増えていましたが、

それでも昼間に比べると圧倒的に人が少なく、

清浄な感じがします。

 

神社周辺のお店は朝からやっていて

商売熱心で驚きました。

 

外国人観光客の増加に対応し、

各国語の看板や説明が目に付きました。

「1人1つは注文」

とか、外国語で書いてあったりして。。

 

商売熱心といえば、境内のお守りにも、

ひとつひとつ効能書き(?)が英語や中国語の札に書かれていたり、

「境内でここでしか買えない品」

など希少性をアピールするものも!

 

境内にはキツネの顔の絵馬があるのですが、

そこには

 

「次の企業はホワイトでお願いします!」

 

など、時代を反映した物もあり

考えさせられました^^;

 

昔からの場所でも訪れる度に

今の時代性を肌で感じますね!

 

 

祇園に出て、

四条祇園駅構内のスタバでお茶をし、

八坂神社へ。

 

1ヶ月近くにわたる祇園祭は今日から始まります。

 

7月1日はお稚児さんも参拝する

長刀鉾町お千度という行事があるので

新聞社の腕章をつけたカメラマンの方たちなどが

集まっていました。

 

私はそのまま建仁寺へ。

 

両足院で、

期間限定の半夏生の庭園の公開をしていました。

 

 

半夏生はスズランとカラーを合わせたような植物で、

池の周りに群生していました。

 

本堂ではお寺の説明を

市のボランティアガイドの方がしてくださいました。

 

お茶を日本にもたらした

栄西禅師の流れをくむ

臨済宗の禅寺です。

 

肖像がが飾ってあったのですが、

ガイドの方が、

こうした禅宗の肖像画を何と言うでしょう?

と集まった人たちに聞いていました。

 

答えは「頂相」。

 

日本史で受験した私は「受験の日本史」という雑誌を愛読し、

Z会の日本史の難問も楽しみにしていた日本史オタクだったのに、

すっかり忘れていました。

高校生の自分だったら心の中で大喜びで即答したのだが。

残念。

 

Ginko(イチョウ)のマザーチンクチャーをとらねば。。

 

 

上賀茂神社に行きました。

 

 

訪れる度に思うのですが、

 

ここの空気、境内に流れる水の流れ・・・

 

浄化されます。

本当に素晴らしい癒やしの場所だと思います。

 

手水でさえ、ごくごく飲みたくなる衝動に駆られる、

水の美味しさ・・

 

 

 

初夏の緑と水の流れが、

暑さを忘れさせてくれました。

 

 

境内には伊勢神宮の遙拝所も!

 

遥かにお参りさせていただきました。

 

 

下鴨神社の近くにあり、

昨年から公開されるようになった、

 

旧三井下鴨別邸を訪れました。

 

 

 

ドラマ「あさが来た!」

のモデルとなった広岡浅子の実家でもある

三井家がご先祖さまを祀る祖霊社の参拝の際に

休憩するためにつくった邸宅です。

 

古い建物が好きなので興味深く見学しました。

 

嬉しかったのはトイレ、洗面所の作りが

古いままで残っていたことです。

古い邸宅の水回りって大好きです。

 

ついでにトイレに懐かしい昭和の

モスボールの臭い

(あえて香りとは言わない)

がしたのにも

グッときました^^

 

 

お昼ごはんは

ご近所に

古くからある

「グリル生検会館」

で、洋食メニューをいただきました。

 

 

 

店内に、旧満州にチェーン展開していた

「ヤマトホテル」の各地の写真や、

従業員さんたちの楽しそうな写真が

輝きを放って飾ってありました。

 

こちらの先代が「ヤマトホテル」で

働いておられたそうです。

 

一緒にいた父が、大連に行った時に、

大連にある旧ヤマトホテルの建物を訪れた

と、懐かしがってお店の人と

話していました。

 

クライアントさんの中にも

お父様が旧満州で貿易商をされていた、

というモダンな方がいるのですが、

 

全盛期の満州は、

ロシアテイストの建物が建ち並ぶ

最先端のステキな都会だったと。

 

聴けば聴くほど、

 

あの時代の満州に

行ってみたいなあ〜、

と憧れてます。

 

 

おやつに

高木珈琲店高辻本店にて

プリンをいただきました。

 

私の好みにピッタリの

ずっしり、どっしりタイプ。

 

本格的に苦いカラメルソースの海に

浸っていて、

嬉しかったです。

 

レトロな店内もステキでした。

 

 

京都は

神社仏閣や自然に加え、

 

古くからの喫茶店巡りや、

雑貨店、骨董店巡り、

 

何気ない裏道をぶらぶらするだけでも

発見があったり、

歴史と新しさを同時に感じるのが

楽しいです。

 

 

そうそう、

この日は、

半年に1回の骨董市もやっていて、

 

またも、染付のお皿を

買ってしまいました(染付愛)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | comments(0) | -


 COMMENT


 POST A COMMENT










CALENDAR 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode