<< セミナー「夏を乗り切るホメオパシー」でした | HOME | あたらしいくらし >>
 耳鳴りで出された大量の薬

 

大学生のむすこが

この写真を送ってきて

 

「友だちのことだけど、

流石に耳鳴りで耳鼻科に行って

この薬の量は頭おかしくないか?」

「解説よろ」

 

と言ってきました。

 

むすこは2歳以降、病気で病院に行ったことがなく、

物心ついてから薬を飲んだことがないので、

友だちに見せられた薬の量に驚いたようです。

 

私自身も、20年以上病院に行っていないので

お医者さんは若者に

これを全部身体に入れさせるつもりで

出しているのか??

と呆れてしまいました。

 

普段から健康な、18歳の男子大学生が、

耳鳴りがしたと言って

病院に行くと、

この量の薬が出されるのですね。。

 

調べてみると、

以下の薬が出されていました。

 

アデホス→血管を拡げ血行を良くする。(気休めの場合も)

 

イソバイド→メニエール病の薬。目眩や耳鳴りに出される。

 

メチコバール→ビタミンB12 末梢神経障害に。血行を良くする。

 

プレドニン→ステロイド剤。自己免疫疾患的な症状を抑制する。

 

 

息子でも

「流石にステロイドはまずいな。」

 

と言っていました。

 

 

このところ、

夏の猛暑が続いているので、

大量の発汗により体内の水分が不足し、

脳の潤いも減り血流も悪くなり、

耳鳴りにつながっている場合も考えられると思います。

 

そうした場合には、

水分の流出を防ぎ身体に潤いを与える飲食物をとることを

オススメします。

 

具体的にはレモン、トマト、梅干し、ナス、海藻類などです。

 

レメディーでは、

 

Bell.(ベラドーナ)

Phos-ac.(フォサック)

Chin-s.(チャイナソーファー)

Sal-ac. (サルアック)

 

などが良いと思います。

 

1日数回リピートすると良いですね。

 

腎臓をサポートするもの(例えばサポートJ)

や、バイタルソルトもぜひ。

 

 

むすこが思春期に入って以降は特に、

母親の考えを押しつけるのは

かえって反発を招くし良くないと思い、

ホメオパシーについても、

 

「お母さんは独自の考えにより

これをいいと思ってやっているけど、

あなたは自分で調べて自分で判断して

いいと思ったことをすればいいからね。」

 

と、ことあるごとに言ってきました。

 

それでも、

体調を崩した時にレメディーをあげようとすると、

「パカッ」

と口を開け、

 

速やかに何事も無かったかのように

症状が改善するので、

 

「まあ、レメディーは

それでも、効くがな。」

 

と話しています笑。

 

むやみに薬をとることに対しても

疑問を感じて

自分で調べて考えようとする姿勢も、

 

今回のことを通じて

むすこに伝わっているのかな、

と、改めて思い、

うれしく思いました。

 

| ホメオパシー | comments(0) | -


 COMMENT


 POST A COMMENT










CALENDAR 
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode