<< インドのお土産の存在感 | HOME | ホメオパシーバトンでFacebookに投稿しました。 >>
 新型コロナウイルス対策で、用意しておくと安心なレメディー

緊急事態宣言が発令された後も

吉祥寺の街が

サンロードなどの商店街を中心に賑わっている、

という報道があったと

クライアントさんや

友人から言われることがここ数日多いです。

 

自分の実感としては、

フィリアのある辺りは

かなりひっそりしているという印象です。

 

カフェロシアの店員さんが

地下のお店から出てきて地上で販売していたり、

ベトナムフレンチのデサリータさんや

カフェ八十八夜さんもテイクアウトを頑張っていたり、

行列ができていたタイ料理店のクルン・サイアムさんも

外で販売しているものの、お店の中は殆どお客さんが居なかったり。

 

このまま外出を控えるお達しが続いたら、

大好きな吉祥寺のお店たちはどうなってしまうのだろうか、

と心配しています。

 

 

さて、話はかわり、

新型コロナウイルスについてのホメオパシーによる対策のお話です。

 

予防としては、

ホメオパシージャパンの豊受モールで販売されている、

MT)サポートφCorona を5滴〜10滴、適量の水に入れ、しばらくとり続けることをお勧めしています。

 

10滴×1週間とり、1週間あけてまた1週間、と続ける、という方法もあります。

 

どちらでも良いと思います。

 

粒のサポートCorona であれば、1日1粒、しばらくとり続けると良いでしょう。

 

罹ったかもしれない? 怪しい症状が??

 

と言う時も、

現状ではなかなか保健所に電話しても検査を受けられない状況ですし、

また、病院に行くのも混雑していたり、

かえって危険もある状況です。

 

ホメオパシーを知っている人にとっては、

そういう状況下で不安があっても、

まずはレメディーがある、

というのは相当大きな強みになります。

 

そのような症状がある時にはまず、

MT)サポートφCoronaを1日15滴位とりつつ、

症状に合わせたレメディーをとって様子をみると良いです。

 

私自身が事前に用意しているレメディーは、

 

新型コロナウイルス感染者の症状で報告されている主な症状を参考にしています。

 

肺、胸部の痛み。Bry(ブライオニア)  Phos(フォス)(どちらも肺炎のレメディーでもあります)。

 

呼吸をすると痛い(ガラスが刺さったよう)も、 Bry(ブライオニア)

 

空咳 Bry(ブライオニア) Spong(スポンジア) Carb-v (カーボベジ)

 

微熱が続くなど炎症全般に Ferr-p (ファーランフォス)

(微熱が続く際はBapt (バプティジア)Gels (ジェルセニウム)Carc (カーシノシン)も良いです。)

 

高熱には Bell (ベラドーナ)

高熱が続くようならPyrog (パイロジェン)も良いです。

 

身体が痛い、節々が痛い Eup-per(ユ―パトリューム) 

 

倦怠感 Gels (ジェルセニウム)

 

急速に悪化していく症状に Syph(シィフィライナム)  Bapt(バプティジア)

 

ポーテンシーは急性症状なので、200Cが良いです。

 

とりあえずはこれと、MT)サポートφCorona があれば、準備は良いかと思います。

 

近くに住む両親にも、予防のために

MT)サポートφCorona を1日5-6滴とってもらっています。

 

いざと言う時には、これらのレメディーも渡そうと思います。

 

 

先日もクライアントさんから、

 

 

「呼吸をすると肺が痛い」

「息苦しい感じがする」

「コロナかもと不安が強い」

 

とご相談を受けました。

 

Bry Phos Carb-v をおすすめしたところ、

すぐに症状が解消したとご連絡をいただきました。

 

 

ところで、

 

相談会に来るクライアントさんから、

QX-SCIOが被験者の潜在意識を代弁して答える

通称「Yes-Noコーナー」で、

新型コロナウイルスに感染しているか聞いて欲しい、

と言われることが最近増えました。

 

もちろん保健所の検査とは全く次元が違います。

 

あくまで、とりあえず

心配だからきいてみたい、というご要望です。

 

ある公務員の方は、

「新型コロナウイルスに感染しましたか?」 はい

「新型コロナウイルスが発症していますか?」いいえ

「新型コロナウイルスに対して抗体がついていますか?」はい

 

と出ました。

あくまでQX-SCIOの答え、という前提ですが、

感染したものの、症状は出ず、抗体がついているのかな、という結果でした。

 

 

私自身も、空き時間にQX-SCIOに聞いていました。

 

「新型コロナウイルスに感染していますか?」いいえ

「新型コロナウイルスに対して抗体がありますか?」はい

 

でした。

 

 

新型コロナウイルスは感染しても症状が出ないことも多いですし、

知らないうちに感染が広がり、

既に抗体がついている人も多いということも言われていますから、

 

このままじわじわと人類の70%程度まで感染が広がる可能性がある、

という報告もあります。

 

このことから、「集団免疫」の考え方もあります。

 

スウェーデンなどは、今もこの考え方で対策を行っています。

 

新型コロナウイルスはRNA型なので、

ワクチンを作っても型がどんどん変化して行き

予防の効果には限界があります。

 

また、一旦終息しても、

次々にかたちを変えて別のウイルス感染の流行が来る可能性がある、

とも言われていますから、

 

好むと好まざるとに関わらず、

「集団免疫」的な考えをベースに

各人が自分の免疫力を強化すべく努力しながら

生き抜いて行く必要性が

今後ますます強まっていくのではないかな、

と考えています。

 

「外から来るウイルスが怖い、防御しなければ、逃げなければ」

 

では、太刀打ちできない時代になってきたのだと思います。

 

自分の免疫力をどう強化していくか。

 

薬に頼る前に、医療に頼る前に、

自分以外の何かに依存する前に。

 

このことがますます問われています。

 

ですから、

ホメオパシーをお勧めします。

 

 

井の頭公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ホメオパシー | comments(0) | -


 COMMENT


 POST A COMMENT










CALENDAR 
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode